(1)達弥西心のわかりやすい話「決断」

達弥西心のわかりやすい話「決断」

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(18/109) - HMU 達弥西心

ところが、私が「今までずっと先輩たちは半年間売れなかったけれども君なら売れるような気がする。少し本気で頑張ってみたら」と声を掛けたとたんに売れました。入社4ヶ月目の社員でした。すると、次々に記録更新のラッシュです。新しい社員が入ってくる度に記録更新に向けて先輩も注目するようになりました。とうとう入社2週間目に契約をあげる新入社員まで出てきました。

あのプログラムの採用によって、「出来ない理由を探すより出来る方法を考える精神」が、それこそあっという間に社内に浸透したのです。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(17/109) - HMU 達弥西心

【新人は半年間は売れないものだという常識】
新人が入社してくると教育をしますが、まず半年は売れないものだと暗に示してしまいます。不動産の営業は難しいものだと先輩たちが吹き込みます。自分たちも半年は売れなかったと口にします。これは良くありません。本当にそうなってしまいます。確実に半年はゼロ績社員を決め込むようになります。それが私の会社でも常識でした。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(16/109) - HMU 達弥西心

私の会社の決算年度は6月から始まり5月に終わります。それまでどんな言い訳をしていたかというと、6,7,8月は梅雨と暑さで人は動かない。だからあまり売れない。9,10,11月は気候も良くなり、秋ともなると今年中に家を持ちたいという人たちが活発に動く。だから売れる。12、1、2月は年末年始にお金を出したがらないものだし寒い季節に動きまわる人も少ないはず。だからあまり売れない。3,4,5月は一年で最高の季節で浮かれた気分で人は動く。だからよく売れる。思い込んだ常識は怖いものです。みんなが本当にそのようになってしまうのですから。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(15/109) - HMU 達弥西心

【不動産取引の動きは季節指数に影響されるという常識】
私は社会に出て初めて就職した先が衣料品関係の会社であったために、なんとなく不動産の動きも季節によって左右されるものだと思っていました。ふと、もしかしたらという疑問がわいて、年間の売上(当社では利益)目標を12ヶ月で割って月々均等の目標を設定して、毎月確実に超過目標達成をめざそうと呼び掛けたら、ピッタリそのようになるのです。月々確実に超過達成するのですから、季節指数による言い訳はまったくナンセンスだったということです。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(14/109) - HMU 達弥西心

もうひとつ、社員には私にはないような素晴らしい能力がきっと埋もれているに違いないと思ったのです。というのも、社内の長年の常識という常識がことごとく吹っ飛んだからです。たくさんの事例の中から二つだけ紹介します。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(13/109) - HMU 達弥西心

そして、人脈が一気に増えました。なぜか。

利害でのつながり、仕事でのつながりでは、終わってしまえば、利害が一致しなければそれでおしまいになります。しかし、人間業の話なら、肩書き、職業、利害を大きく超えて、共通の言葉で共通の意識になれます。人間業の話は、みんなの本心、本音、本当の願いだからです。これは実にすごいことだと思います。素晴らしいことだと思います。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(12/109) - HMU 達弥西心

社員全員がこの自己啓発プログラムの積極的な言葉に変わった時、みんな仲良くなれます。実際に、会議があっという間に終わるようになりました。答えは簡単に見つかるものです。「出来ない理由をさがすのではなくて出来る方法をみんなで考える」というその姿勢がいつの間にか出来上がっているのです。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(11/109) - HMU 達弥西心

そのことを経営計画書にはっきりと明示し、お取引いただいている銀行さん、顧問の税理士さん、弁護士さん、業者さん、もちろん社員のみなさんにも発表いたしました。

限られた期間だからすべて本音でやっていこう。本当に心の底から思っていることだけをやろう。と、決心しました。

とにかく、ものごとをシンプルに、できるだけシンプルに考えていくことにしたのです。そうすれば自分の心が本当に願っていることが手に取るように分かるはずだと思ったのです。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(10/109) - HMU 達弥西心

私が描いた15年後の不動産業のイメージはどんなものか。紙面の関係上、詳しくお話しできませんが、そのイメージに対応できる店舗としてコミュニケーションプラザをつくったのです。

そして15年後の西暦2001年には、私は社長を辞めると決めました。

経営を後進に譲ろうと決めたのです。それまで新しいタイプの後継者を育てようと決めました。その代わり、私が社長でいる15年間という期間中は、私の「正しいワンマン経営」によって、心おきなく私にしかできないような経営をさせていただくと決心しました。

●達弥西心前夜2 −私がそれまで考えていたこと 1992−(9/109) - HMU 達弥西心

懸命に会社の将来のことをイメージしていったら、ちょうど15年後まで描けました。というより、その先は残念ながら私には描けませんでした。

当時、指折り数えてみたら15年後は西暦2001年になりました。それで『西暦2001年をみつめて・・・15ヶ年夢のマスター計画』と名付けて、向こう15年間は私が経営者として責任を持とう。そして15年後の時代にも通用する会社を作り上げようと決意したのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ