決意とは意志を決めることです。意志を決めれば行動は決まります。行動が決まれば結果は決まります。

決意というと、二つのうちの一つを選択することだと思いがちです。しかし、決意とはどちらか一方を切って捨てることです。何かを捨てることで、何かを得ることです。決意は決断です。きっぱりと一つに決めてしまうことです。


二つに一つの決断を迫られたとします。

かならずどちらか一つを選択します。選択しなかったもう一つの方は、たいてい温存しておくことになります。

温存しておくから、選択したはずの一方が少しうまく行かなくなると、とたんに迷いが出てきます。やっぱりあっちではなかったかなと、自分の選択に自信が持てなくなります。こうなると、もう最初の苦悩状態に逆戻りです。


決意とは、何がなんでもとりあえず一つに絞り込むことです。他のすべての選択の道を切って捨てることです。きっぱりと決別することです。

いくつかの道からただ一つの道を選ぶこと。二つを一つに絞り込むこと。
これはたいへんな作業ですが、一つ一つ決着していくことは、人間としての大事な習慣です。切って捨てたもう一つは、自分には縁がなかったのだと割り切ることです。
迷うのが人間だよ、迷う方が人間らしくていいじゃないかと言われても、苦しむのは自分自身です。

HMU 達弥西心