それを瞬間、瞬間にどうやって選んで行くかということになってくるわけです。