しかし私は仕事と行事とどっちを優先すべきかと問われた時点で、すでに心の中で泣いています。