まわりを整えてから決意するのではなく、決意したらまわりが整うのです。
決意と実践の関係は、原因と結果の法則です。