やのくにづくりを熱く語る僕の話も、別の夢を見ている君にはちっとも入っていなかったんだと知った時、深い深い悲しみの淵に沈んでいく僕のこころを思った。