息が切れるまで走ろう。こんな時にはいつもそうしてきたように。