でも、ごめん。別の夢を見ていた君はきっと、僕の夢のために叱られたくなかったよね。